My Way

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

あなたにしか起こせない奇跡

著書

本日2009年4月30日、私の著書…

「あなたにしか起こせない奇跡」
神社昌弘(かんじゃまさひろ)著
東洋出版株式会社
1200円(税込)

ついに完成しました!!!

サブタイトルを
「不完全な私が『奇跡』を起こす!」
として、自伝を元に、これまで数々の
難病を克服する中で起こしてきた奇跡
の数々を紹介し、そして、私自身が、
ヒーラーとして起こしてきた「奇跡」
の数々を紹介します。
決して完璧でなくても、奇跡は起こ
せるし、常に前向きに必死に努力し、
さらに強い信念を持って生きていれば、
必ず奇跡が起こることを証明してい
ます。大きな奇跡だけでなく、小さな
奇跡を起こすことにも大きな意味が
あるのです!!
これは、単に自分自身の奇跡の紹介
のストーリーではなく、「奇跡」は
あなたにも起こすことができるもの
であることを紹介しています。
スピリチュアルが叫ばれる現在、
どうしても外に目を向けがちですが、
自分自身の内面と深く向き合い、
「自力(自分の力で生きる)」
の大切さをもう一度思い起こし、
そこで、
「あなたにしか起こせない奇跡」
を起こす方法を紹介しています。
そういう生き方を推奨しています!

もし興味をもっていただきましたら、
連休明けの5月11日(月)から配本が
開始されるので、全国の書店に出回る
のは、その日から約10日前後かかる
ようです。
関東から順次配本されますので、5月
中旬以降に有名書店を訪れていただ
ければ、見つかると思います。
よろしくお願いいたします。

最後に、この場を借りて…
この「本」の作成・サポートに携わ
ってくださった多くの方々、そして、
常に励まし、アドバイスをしてくだ
さった方々に、深く深く御礼申し上
げます。
心からありがとうございました!
心から感謝をしています。

神社昌弘
スポンサーサイト
    18:15 | Top

イギリスからのゲスト

先日、恵比寿のウェスティンホテルで
以前お世話になったイギリスの校長先生
と再会しました。

「イギリスの私の学校にいつ戻ってくるの?」
「あなたの戻ってくる場所はあるのよ!!」
「…戻ってくる気はないの?…」

久しぶりに会って言われた最初の言葉が
これでした!
いきなりこんなことを言われて、正直
動揺してしまいました。
とても嬉しい反面、どうしたらよいか?
迷ってしまい、何も言えませんでした。
とりあえず、考えさせてください、と
その場をしのぎました(汗)。

決断をするには大きな勇気が必要です。
どんなことにも覚悟は必要ですが、何か
を決断する時、子どもの頃は、
「ただやりたいこと、夢中になれること、
興味のあること…」
それらを基準に決断していたように思い
ます。すぐに決断できていたのに、今は、
もうそんな簡単には、決断できなくなって
しまっています。
自分だけのことだけではなく、周りのこと、
将来のこと、他にも色々なことを考えて
しまうのです。
一時的な感情や、自分のしたいことだけ
で動けなくなってしまうのは、残念だけ
れども、きっと大人になってきた証拠な
のかもしれません。

僕は、キャリア・カウンセラーとして、
これまで、多くの学生さんたちに進路指導、
職業選択について語ってきたプロなのに、
自分自身のことになると、そう簡単に
割り切って考えたり、決断できなくな
ります。これまで、カウンセラーとして、
偉そうに言ったことも多くあったこと
を今、自分自身が同じ局面に直面して
反省せざるをえないことを思い知らさ
れます。

「これから僕はどうすべきなのか?」

きっと自分自身が決めたことが全て
正解で、その先にある幸せや安定などは、
先に予想して決めつけるものではなく、
一生懸命に頑張る中で作り上げるもの
なのかもしれません。
自分自身の「したいこと」に素直に耳
を傾けて、これからの人生を決断して
いきたいと思います。

「何をすべきか?」
ではなく、
「何をしたいか?」
に素直に、心に問いかけたいです。

ちなみに、しばらくは、僕は、「本の
出版」で忙しいし、それに集中したい
ので、イギリスには戻らない予定です。
しかし、もしかしたら、いつかまた、
イギリスで働くことがあるかもしれ
ません。

ところで…
ここで少しお先にお知らせします。
お待たせしました!!!
ようやく、僕の本が出来上がる日が確定
しました。
2009年4月30日に著書
「あなたにしか起こせない奇跡」
神社昌弘著、1200円(税込)
(東洋出版株式会社)
ようやく完成します!!!
これは、あくまで完成日なので、書店
に並ぶ日ではありません。
書店に並ぶ日が確定しましたら、
改めて、報告させていただきます!
よろしくお願いいたします!

著書

    11:28 | Top

いのち輝かそう

昨日(2009年4月19日)、僕は、朝から
スーツで身なりをビシッときめ、東京
の時事通信ホールの授賞式に向かいま
した!
昨年に応募したエッセイが、医療団
体主催の公募にノミネートされたから
です。

結果は……残念ながら『賞』を授賞
することはできませんでした。しかし、
その代わりに、一冊の『本(いのち輝
かそう)』の中に掲載されることにな
りました!

『いのち輝かそう(いのちの万葉集③)』
亀井眞樹編著(ロハスメディカル)
¥1500


本日、2009年4月20日に一般書店で発
売なので、もし興味があれば、大型
書店でちらりとのぞいてみてくださ
いね。
この授賞式では、『賞』に輝いた優秀
作品の数作品のみが、著名人によって
朗読されるのですが…そこで改めて、
世の中には、本当につらく過酷な経験
を乗り越えてこられた人がいることを
思い知らされました。僕に比べて、
何十倍も苦労されてきた人たちの作品
を聞くと、本当に胸がいっぱいになり
ました!この授賞式にいる人すべてが、
癌や難病と格闘、克服した人ばかりだ
ったので、お互いにそのつらさや苦し
みが分かり合え、本当に胸が熱くなり
ました。僕は泣きそうになるのを必死
でこらえました。しかし、周りを見渡
すと、男の人も女の人も大勢泣いてい
ました。それくらいじーんと胸に響く
ものだったのです!
そんな状況で、少しでも『賞』(大きな
トロフィーや賞金)を狙った自分自身
の未熟さとあさはかさを深く反省させ
られました。
本当にごめんなさい…。

僕が書いたエッセイは、こちらでは、
長すぎるので、ホームページ上で少し
公開しています。
興味がある方、お時間がある方は、
一度、ご覧ください。
ありがとうございます。

http://www.cans.zaq.ne.jp/masahiro-kanja/

↑ホームページのデザイン・内容を随時
更新しています。
(僕の顔写真も探してみてくださいね。)
    16:22 | Top

信頼関係

僕は、これまで、どんな人にも信頼さ
れるために、まずは自分のできること
を精一杯やって、人のために、自分を
犠牲にすることが多々ありました。
自分のことを後回しにして、自分の
疲れや弱さ、嫌なところや不完全なと
ころを隠して…
「相手のために行動することこそ良いこと」
「相手の満足が、信頼に繋がる」
そう思っていました。
そうすることで、自分自身を高めたい
という欲求さえもありました。

そこで、どんな人間関係においても、
相手中心で、自分自身のことを話す
ことはめったにありませんでした。
「なぜ、僕は、自分のことを話さないんだ?」
そこで、よくよく考えると…
「僕自身が相手を信頼してないから、話せないんだ…」
そう気付くと、そんな状態では、信頼
関係なんて築けないことを思い知らさ
れます。
相手からの信頼を獲得するために、
良い人を演じている段階では、そこに
本物の信頼関係なんてできないことを
思い知らされるのです。

今日は、あるひとに出会い…
まず、相手を信頼して、自分のことを
話すことの大切さを教えてもらいました。
ありがとう!

これからは、信頼関係を築くために、
まずは、自然な感じで、お互いをきっ
ちり紹介し合い、認め合える状態を作
りたいと思いました。
    00:59 | Top

「助けて」の一言

ここ一~二ヶ月間、僕は毎週末、『本』
の編集・校正・チェックのために、一日
中部屋に閉じ籠ることが多かったのです
が…先日、そんな生活に、なんだか、
もう頭がパンクしそうになりました。
何度も何度も自分の本を読んでいると、
この程度の本を世に出してもいいのか?
と思うようになり、またまた不安になっ
てきて、つらくなってきました。
どんなに前向きな僕でも、やはり、大き
な挑戦(夢の実現)となると、正直不安
が大きくのしかかってきました。

で、大切な友達から、
「一旦、何もかも忘れて気分転換した方
がいいよ!」
と言われ、無理やり予定を組みました。
で、先週末、久しぶりに仕事を離れて気
分転換をしてきました!
よくよく考えると、こんな良い天気に
部屋にいるのはおかしいよね!?
なんだか寂しすぎました(汗)。

二人の女性と会ってきました。
大好きな先輩とランチをして、夜には、
元同僚と会ってきました!
先輩には、すごく綺麗な花束のプレ
ゼントをもらい…感動しました。
僕をイメージして作ってくれました。
僕が女性に花束をプレゼントすることは
あっても、女性から花束のプレゼントを
もらうなんて初めてだったから…すごい
驚きましたが、正直嬉しかったです。
花束のプレゼントだけでなく、多くの
気付きをもらいました。混乱しかけて
いた自分の頭を整理してもらえました。
ありがとう。
花束

元同僚には、元気と勇気をもらいました!
彼女の前向きな姿勢には、いつも驚かさ
れます。芯の強さと行動力を尊敬してい
ます。小さなことで悩んでいた自分自身
が馬鹿らしく思えました。
まずは、行動しようと思いました。
ありがとう。

輝いている二人の女性に元気付けられ、
癒されてきました。

僕は、いつも自分の世界に閉じこもって、
何事も一人で処理しがちなんですが…
やっぱり、一人でできることなんて限ら
れていて、しかもちっぽけで、一人よが
りであることに気付かされます。
一人だけじゃ、やっぱりいけないよね。
この気分転換を通じて、人との関わり合
いの中で生きている以上、自分がしんど
くなった時には、素直に助けを求めても
いいことを思い知らされました。

「ちょっとしんどいから…助けて…」
そんな一言が素直に言える関係を作っ
ていきたいと思ったし、僕の大切な友達
が、自然にそんなことを僕に言ってくれ
るように、そんな信頼関係のある仲間を
創って生きたいと思いました。
    21:37 | Top

本の発売について

当初、僕の書いた「本」が、本日、
2009年4月10日(金曜日)に発売
予定でしたが…
少し事情があり、今月下旬~五月初旬に
変更になりました。
すでに、個人メールやブログで報告して
いたのですが…
すでに書店へ足を運んでくださった方も
いたようで…
大変申し訳ありませんでした。
どうか今しばらくお待ちください。
詳細が決定次第、ミクシィの日記、ブロ
グ、ホームページ、個人メール宛に連絡
を差し上げますので、よろしくお願い
申し上げます。
    17:46 | Top

自己責任

昨年応募した懸賞論文にノミネート作品
として選ばれました。
まだ、賞を受賞できるか分からないんです
が、ある「本」に掲載される模様です。
とりあえず、授賞式に参加するために、
18日から東京入りします。

その論文の内容はというと…
タイトルは「自己責任」!
すべては、自己責任…
たとえ、どこかに責任を擦り付けても、僕
を取り巻く環境に全く変化はない。
周りに責任を擦り付けていた時、僕は、悲
劇の主人公だった。自分一人の世界に閉じ
こもり、誰かのせいにしたり、過去世や霊
の責任にしたりして、自分は悪くないと思
っていた。自分を守るために、必死に、外
に責任を擦り付けていた。
そんなことをしても、全く意味が無いのに、
分かっていたのに、そうすることしかでき
なかった。
やっぱり、人間って弱いから、自分の弱さ
とか、未熟さとか、悪の部分とか、認めた
くないんだよね。
でも、そこを認め受け入れていかない限り
何も変わらない…
そんな内容のことを書いていたような気が
します。

今、ここでもう一度、自己責任を思い出し
て、どんなことも、自分が蒔いた種と思っ
て、現実を受け止め、不完全な自分を認め、
周りの助けを借りながら、精一杯生きたい
と思いました。
    22:47 | Top

さくら

昨日、「さくら」に魅了されました。
決して、花見に行くとか、そんな訳でもな
く、通りのさくらに目を向けただけなんで
すが…
やっぱり、桜には、人を癒すパワーがあり
ますね。これまで、余裕がなかった自分
自身に、ほっと安らかな時間を与えてくれ
ました。

さくらって…
人から聞いた話ですが…
太陽に向かって咲く花じゃなくて、唯一
下(地面)に向かって咲く花なんだって。

だから、僕たちが見上げると…
さくらが、満開の笑顔で迎えてくれる。
さくらが、僕たちを包み込んでくれる。
さくらが、僕たちを癒してくれる。
ほんと素敵な花ですね。
そんな素敵な花だから、日本人は、さくら
の下で、お花見をするんでしょうね。

みなさんは、もう充分癒されましたか?
    18:27 | Top

新たな出発

先月末(3月31日)に大学での仕事を終え、
一旦、しばらく休職することにしました。
2008年1月からの約一年三ヶ月の内に、
2112件の学生相談に携わり、ここで僕自
身、多くのことを学ばせてもらい、成長させ
てもらいました。
人生の岐路に立つ学生さんたちを支援する中
で、大変なこと、苦労することはたくさんあ
りましたが、今となっては、全てが良い経験
です。最終日には、多くの学生さんやスタッ
フたちから、暖かい言葉をかけてもらい、
本当に幸せでした。
心からありがとうございました。
ここでの経験は、必ず、次に繋がると思いま
す。色んな意味で、「自信」をつけることが
できました。
2007年にイギリスから帰国後、持病を
忘れて、これまで頑張り過ぎてきたので、こ
こで一旦、身体を休めるために、少しお休み
することにします。

が、今月(4月1日)に入ってからすでに、
新たなことに挑戦しています。
まずは、本の執筆から始めています。
すでに、一作目は今月中に出版予定ですが…
二作目の制作に取りかかっています。

これまでやりたかったことがいっぱいあって、
何から手をつけようか迷うのですが…
とりあえず、優先順位を決めてスケジュール
を立てていきます。
    00:35 | Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。